法律事務所から日本を代表する重工業メーカー法務に転職


インタビュー


本日は、当社の転職サービスをご利用いただき、転職を成功されたAさんにインタビューをさせていただきました。Aさんはロースクールを卒業後、国際法務経験を活かして、この度、メーカーに転職されました。

インタビュアー:吉田 (株式会社More-Selections)




吉田
早速ですが、転職活動を振り返って、感想をお聞かせていただけますか。


Aさん
最初は、なかなか転職が決まらず、不安で大変でした。他方、決まるときは、すべてがうまく行き、あっという間に決まってしまうものだと思いました。


吉田
そうですね。今回、入社され企業様はまさにあっという間に決まりましたね。次に当社の転職サービスをご利用いただいた感想をお聞かせいただけますでしょうか。


Aさん
他のコンサルティング会社とは違うと思いました。求人を出す企業のスペックをに対し、そのままぴったりの人を探す、という感じの会社が多いと思いました(その場合、スペックにぴったりの人はスムーズにいくが、ぴったりでない人は難航するという印象)。これに対し、More-Selections社の場合、求職中の個人の方を向いて、その人にあった企業を探してくれる印象が強かったです。吉田さんが司法試験の勉強をされていたということから、事情がよくわかるということもあるのでしょう。また、インターンの制度もすばらしいと思います。司法試験の勉強をしている人は、普通の人から見て、特定のことは信じられないほど能力は高い点がある半面、社会的な経験が欠落している人が多いと思います(それはある程度やむをえないと思います)。インターンは、そのあたりのギャップを短期間で補うためのMore-Selections社が考えた制度なのでしょう。


吉田
ありがとうございます。次に今後、法務担当者としてどのようなキャリアを歩まれたいと考えますか。


Aさん
与えられた仕事はなんでも行うつもりですが、一つの中心的な仕事として、海外の企業との売買等、諸々の契約の検討・交渉・内部的な決済のための書類作りといったことがあります。ここをしっかりとこなし、みんなに信頼されるようになりたいと思います。


吉田
法務担当者は、部内外からの信頼はとても大事ですね。それでは、最後にこれから転職活動をしようと考えている方に何かアドバイスをいただけますか。


Aさん
運や出会いも重要なのだと思います。私の経験からは、人によっては、なかなか決まらないこともあるかもしれません。難しいですが、前向きに生きていれば、いい方向に向いてくると思います。転職活動中、時間はあるかもしれません。その場合、余力があれば、健康管理に注意を払い始めることと、語学はできればできる程いいと思うので、地道に努力することをお勧めします。私の場合、スポーツジムや公共の施設・近郊の山歩きなどができたことは、よかったと思います。試験の勉強中はこういうことは全くできないし、働き始めても、時間のねん出が結構難しいからです。試験勉強をしているとどうしてもメタボになってしまいますが、企業としては、健康な人を雇いたいはずです。健康なことは大きなアピールポイントのはずなので、その意味でも重要だと思います。



インタビューを終えて

Aさんは、国際法務経験が豊富な方であり、その経験を活かしていただきたく、可能な限りのサポートをさせていただきました。Aさん自身の歩まれてきたキャリアやこれまで関わられた仕事のお話を聞かせていただくなかで、Aさんの人柄もよくわかり、企業様に自信をもって、ご紹介することができました。

法務担当者の転職インタビューへ戻る