求人紹介

LEGAL JOB

法務 契約法務

テラドローン株式会社

2024/02/26 UP

企業紹介
~産業用ドローンベンチャー~時価総額1000億以上のユニコーン企業に迫っています!
測量、点検、データ分析、運行管理などの産業向けドローンサービスを国内外で提供しています。
【事業別】
■土木測量:ドローンによる空撮で高精度の土地の3次元データ、断面図、土量計算処理を行います。
■森林測量:これまで計測困難だった山間部/森林部などをレーザー付きドローンにより3次元データ処理を行います。
■インフラ点検:独自技術のドローンで、建物老朽化、橋梁や鉄道点検を行います。搭載されたSLAM(自動地図作成・自己位置推定)技術と傷検知の撮影技術で、目視作業削減で時間×コストを抑制します。
■オイル・ガス:陸上・海上にある石油・ガス施設の点検を高解像度、赤外線サーマルカメラ搭載のドローンで検知し、安全性の確保・船舶行費削減・省力化が実現できます。
【ドローン市場について】
政府・経済産業省は「空の産業革命に向けたロードマップ ※」を作成し、次なる成長産業の中枢としてドローンの分野に注力し、市場規模拡大の見込みです。ホビードローン規制は厳格化しますが、その裏に産業用ドローンの飛行を阻害しないための狙いがあり、産業用ドローンの拡大が確保されております。(※市場内訳としては、農業・検査・測量領域での利用が70%を占める予測があります)
【カジュアルブック(会社説明ページ)】
https://casual-book.terra-drone.net/
業界
メーカー/機械
年収
600~900万円
勤務地
東京都
職務内容
【今回の募集背景】
Terra Drone は、「Unlock “X” Dimensions(異なる次元を融合し、豊かな未来を創造する)」ミッションのもと、東京に本社を置き、アジア・欧州・中東・北米11 か国に展開しています。日本発、世界No.1 グローバル企業の輩出に向け、今後更にM&A を主軸に、2030 年には日本最速で時価総額1 兆円を目指しています。
コーポレートの大きなテーマは、時価総額の向上につなげるIRや、IPOのその先を見据えた、国内外の事業成長と連動したコーポレート体制の構築です。今回のラウンドで、錚々たる顔ぶれが参加され、次回もグローバルを含めた投資家様の参加が予測されます。この稀有なタイミングで、急務である国内外のコーポレートガバナンスを意識した社内の体制を一緒に構築するメンバーを募集しております。

【具体的な業務内容】
・契約書作成・契約書審査
・リーガルリスク検証
・コンプライアンス教育
・知財管理・下請法対応
・関連業法の確認、証券審査・法務デューデリジェンス対応
・顧問弁護士との相談

【会社概要】
2016年より東京に本社を置き、自社開発製の特許取得済みである測量用・点検用ドローンを石油ガス・化学・建設業界などへ提供しています。また、世界8か国で既に導入済みの運航管理(UTM)を展開し、農業分野でもドローン農薬散布の事業を行っております。空飛ぶクルマやドローンの開発及びソリューションを提供するドローンサービスプロバイダーとして、ベルギー、オランダ、インドネシア、サウジアラビア、マレーシアに拠点があり、グローバルに展開しています。

【直近で発表されている大きなトピックス】
・ドローンサービス企業ランキングで世界1位に選出
・2022年シリーズBにて80億円の資金調達、エアモビリティ含む航空システムにおいてのベンチャーとして国交省ファンドから初出資
・2023年1月世界時価総額2位のアラムコのVCよりアジア初の資金調達、サウジアラビアに子会社設立予定(現在累計資金調達額:126億円)
・グローバルコミュニケーション促進を目的とし、コーポレートデザインの刷新
・国土交通省、経済産業省が共同事務局で運営する「空の移動革命に向けた官民協議会」に参画
・ドローン農業市場に進出し、マレーシア、インドネシアにてドローン農薬散布事業を展開

【会社概要説明資料】
https://speakerdeck.com/terradrone1/terradrone-companyoverview20220405